2014年08月15日

エクストラヴァージンピーマンエア



ピーマンって中が空洞になっていますよね。あの中の空気を取り出してビンに詰め込んだ「EXTRA VIRGIN PIMENT AIR(エクストラヴァージンピーマンエア)」という商品が話題を呼んでいる。地味に売れて2014年生産分は残り11本だそうです(8月6日時点)!欲しい方はお早めにwwwww
posted by マール・ポッカートニー at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

「弘前ねぷた」残り2日打ち切り


 弘前ねぷたまつりの大型扇ねぷた内で5日夜、男性が死亡した事故を受け、弘前市など主催4団体は6日午前、残り2日間の合同運行と、7日夜の関連イベント「なぬかびおくり」をすべて中止することを決めた。1958(昭和33)年に現在の合同運行の形になってから、事故によるまつり中止は初めて。再発防止に向け、主催者側はねぷた団体と協議した上で安全対策マニュアル作成を目指す方針。

 主催4団体は6日午前8時半から市役所で会議を開き、葛西憲之市長、清藤哲夫弘前観光コンベンション協会長、永澤弘夫弘前商工会議所会頭、熊谷孝志・市物産協会長が、弘前警察署と弘前消防署の幹部同席で話し合った。

 会議の冒頭、葛西市長は「死亡事故発生は大変痛ましいことで残念でならない。今後のまつりをどういう形にしていけばいいか、当面きょうあすの問題も含めてしっかりとまつり4者で協議したい」とあいさつした。

 非公開で約40分話し合った後、4団体トップが記者会見。葛西市長が「弘前を代表する、市民が参加するまつりで尊い命が失われた事実をきわめて重大なことと受け止め、6日と7日のまつり、7日夜のなぬかびおくりを中止する」と発表した。関係者によると、全会一致で中止を決めたという。6日夕には、参加団体などを集めて会議を開き安全対策を話し合う。

 市によると、弘前ねぷたまつりでは、2003(平成15)年8月6日にねぷたに設置した昇降機で腕を切断する事故があったが、死亡事故の有無は不明という。

 死亡事故を受け、参加団体の中には5日夜のうちに6〜7日のまつりへの参加を自主的に取りやめた団体もある。
posted by マール・ポッカートニー at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

黙殺された野村総研の“TV消せばエアコンの1.7倍節電”報告

「こまめに電灯を消そう」「エアコンの設定温度を28度に」――テレビのワイドショーでは、様々な節電方法が連日紹介されている。その一方で、黙殺され続けている一番効果的な節電方法がある。

 それはズバリ「テレビを消すこと」だ。

 興味深いデータがある。野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』なるレポート。注目したいのは「主な節電対策を講じた場合の1軒あたりの期待節電量」という試算だ。

 これによれば、エアコン1台を止めることで期待できる節電効果(1時間あたりの消費電力)は130ワット。一方、液晶テレビを1台消すと220ワットとなる。

 単純に比較しても、テレビを消す節電効果は、エアコンの約1.7倍にもなるということだ。

 この夏、エアコンを使わずに熱中症で亡くなる人が続出している。にもかかわらず「テレビを消す」という選択肢を国民に知らせないテレビ局は社会の公器といえるのか。

 自分たちにとって「不都合な真実」を隠しつつ、今日もテレビはつまらない番組を垂れ流し続けている。
タグ:豆知識
posted by マール・ポッカートニー at 05:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

山本太郎当選!!!



選挙終わりましたね。自民だめだから民主にしたのにまた自民ってどういう流れかわかりませんが、選挙区はともかく自分が比例代表で推してたみどりの党三宅氏は落選しましたが、山本太郎氏が当選しました。少しは面白く成りそうです。ところで今回の参院選投票率52.61% 戦後3番目の低さでその中でも最低が青森の46・25%って・・・。
posted by マール・ポッカートニー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

「DJポリス」警視総監賞授与

サッカー日本代表がW杯出場を決めた4日夜、東京・渋谷のスクランブル交差点で、お祭り騒ぎのサポーターたちをアドリブと気の利いた話術で誘導した「DJポリス」こと千田(ちだ)隆介隊員に、警視庁が警視総監賞を授与する方向で検討していることが7日、分かった。 

「DJポリス」なる千田(ちだ)隆介隊員は、宮城県出身で2008年に警視庁警察学校に入校、浅草署勤務を経て、2010年に第九機動隊に異動、剣道四段の千田隊員は武道小隊(柔・剣道高段者で編成) 隊員として活躍中のところ、話上手が見込まれ2012年9月から広報係員として現在に至る。ということなので納得。 

話は変るけど、6日放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」で、岡村隆史がサッカー日本代表のワールドカップ出場決定時に注目された「DJポリス」を巡る報道に不快感を示したらしい。警察がやさしく誘導しなければならない現状を嘆いているというが、怒鳴って誘導しなければならない現状こそが嘆かわしく「DJポリス」には何の非もなく、暴動寸前のサポーターの負傷者、逮捕者ゼロという結果が全てで見事というほかない。

しかし、自分も当然ことだと思うし報道されるまでのことではないと思う。最初テレビで見たとき何で?こんな騒いでるの?と思ってみたり。そもそも「DJ」なんて肩書きが付くのもおかしいし、警視総監賞授与もやりすぎだと思うけど、ここ最近の岡村はいちいち批判的なコメをして文化人気取りなのか?ご意見番みたくなってるのが痛いわ。
posted by マール・ポッカートニー at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする